What's News?


【2016年10月14日】 ArchiSummit2016 11月 福岡/東京 セミナー開催!!

BIMは「設計者だけのものではない」状況に差し掛かっています。

例えば、BIMの恩恵は建物の所有者や利用者にとっても身近なものになりつつあるため、webのみならず雑誌や新聞にもBIMという言葉が見受けられる機会が増え、昨年にはNHK(NEXT WORLD)やTV TOKYO(ワールドビジネスサテライト)でも取り上げられました。

BIMを導入するか否か-その決断は企業の方向性をも左右するものとなるでしょう。

そこで今回、BIMソフトの中でも幅広い層で支持率の高いARCHICADを用いてポイントを紐解き、今後の指針として頂くためのセミナーを開催致します。  


                         ▼詳細は、こちらから

 

 


【2016年06月24日】 ARCHICAD用 TOTOライブラリの提供

建設産業をリードする設計者のためのBIMソフトウェアソリューション/OPEN BIMを提供・推進するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、TOTO株式会社のご協力の下、ARCHICADで使用できるTOTO商品のGDLオブジェクトである『TOTOライブラリ』を、年内に約100種を提供いたします。第1弾として、トイレ・手洗器、洗面器など20点のTOTOライブラリを2016年6月23日より提供いたします。

 詳細に関しては、下記をご参照ください。

グラフィソフトジャパン株式会社ホームページへ

 


【2016年06月01日】 生産性向上へBIM投資/全体7割、年1億企業も!

【業務環境整え品質に競争力】
・大手建築設計事務所や大手・準大手ゼネコンなどの7割で、生産性向上を目的としたBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の関連投資に踏み切っていることが、日刊建設通信新聞社の調査で明らかになりました。

 詳細に関しては、下記をご参照ください。

▼建設通信新聞ホームページへ

 


【2013年10月01日】 BIMスクールが開講しました。

株式会社エービーケーエスエスのBIMスクールが開講しました。

BIMは、今後、建築業界において最も必要とされるスキルです。

弊社BIMスクールにおきましては、一級建築士による現場での生きたテクニック、フレッシュな情報を元にした実務に沿った教育を実施いたします。